『つくば丼と世界の丼を食べちゃおう!』レポート
この企画は、カスミグループによる活動『第19回 「わたしの企画」応援します!』にて採択されたもので、カスミグループにご協力いただきました。


2011年11月6日、『つくば丼と世界の丼を食べちゃおう!』というイベントを開催しました。

前月にグランプリに決定した『つくば丼』を作るだけでなく、海外の丼料理3種類を作って食べたり、世界の遊びを体験したりして、異文化理解を深めようという企画です。



つくば丼のコンセプトをプレゼンする佐藤講師



お母さん方は留学生と一緒に丼料理の調理。
つくば愛のある話題に溢れ、賑やかに調理が進みました!
お手伝いする子どもたちも一生懸命頑張ってくれました。



お母さんたちが調理中、子どもたちやお父さんは世界各国の遊びを楽しみました。

ナイジェリアの遊び
「Catch your tail(しっぽ取りゲーム)」
メキシコの遊び
「アラウンド・ザ・ワールド」
インドネシアの遊び「ゴム跳び」 韓国の遊び「ユンノリ」
マレーシアの王冠ゲーム

インドネシアのボードゲーム


こちらが完成したマレーシアの丼料理「チャーシュー丼」

マレーシアでよく食べられる調味料を使用し、コクのある酸味を再現していただきました。

こちらはインドネシアの丼料理「Rendang」

豊富なスパイスがピリリと効いた、深みのある味わいです。副菜のほうれん草との相性もばっちり。

こちらは中国の丼料理「南の中華風丼」

日本人に馴染みのある中華料理でもこれは本場の味。三種類のおかずをまとめた、彩り豊かな料理です。

そして我らが「つくば丼」

これが「つくば丼」決定後の初の調理! スタッフの説明にも熱が入ります。

味が変化する「かけだし」をおかわりする姿も見られました。

これで一人分!

それぞれの料理はミニサイズですが、4食食べるとボリュームがあり、満腹になりました!



最後に、留学生のみなさんからそれぞれの出身国について紹介していただきました。

ジジさんとコさんが中国を紹介 フィトリさんがインドネシアを紹介
ニックさんがマレーシアを紹介 キムさんが韓国を紹介
スエさん、インナさんがウクライナを紹介



「つくば丼」優勝レシピの考案者代表・向居さんにもお越しいただき、表彰式を行いました!
考案者グループに、表彰状と賞金3万円が贈られました。
おめでとうございます!

表彰の様子 向居さんのあいさつ

向居さんには、イベントにもご協力いただきました。本当にありがとうございました!






世界の料理と世界の遊び、いかがでしたでしょうか?
参加者の募集枠15組に対して、応募者はなんと40組135名
ご参加いただいた皆様、そして残念ながら抽選にもれてしまった皆様も、ご応募本当にありがとうございました!


大きな幕も設置しました! 美味しかったでしょうか?
ACCSTV「テレビつくば11」の取材も 学生団体WeM + Team 8 一同



筑波大学留学生のニックさんの制作による、イベントの紹介映像です(音が出ます)。




イベント詳細(参加者募集時のものです)

内容

・『つくば丼』と世界の丼3種を調理
・調理中、お子様を対象に、世界の伝統遊びで遊ぶ
・完成した丼料理を食べ、外国の文化を学ぶ

日時

2011年11月6日(日) 10:00〜13:00

場所

カスミつくばセンター(つくば市西大橋599-1) 駐車場有

定員

15組(1組1〜4名程度)
※申し込み多数の場合は、抽選で決定いたします。

参加費

無料

申し込み締切

10月25日(火)

結果連絡

10月28日(金)までにメールにてご連絡いたします。
※ご応募いただいた個人情報は、事務所からのご連絡以外には使用いたしません。


イベント


募集用ポスター